【Google Chrome】YouTubeへのアクセスが400エラーになってしまう時の対処法

YouTube
janjf93 / Pixabay

こんにちは、一皿です。

YouTubeにアクセスしようしたとき、エラーがでた経験はありますか?

私は、今までに3回くらい『400エラー』を経験しています。

400番台のエラーは、だいたい自分側に不具合があるせいで起きるエラーなのですが、Google Chromeを使っていて、たまーにYouTubeで400エラーが起きると『あれ?なんで??』って毎回なるので、私が忘れないためにも今日はその対処法を紹介します。

400エラーがでた時の対処【Google Chrome】

この400エラーは、YouTube関連のCookieの削除で解決できます。

では、削除手順について解説していきます。

ちなみに、この手順についてはGoogle Chromeの場合のものです。

Cookieを探す

Chromeで『setting』を開いたら、下にある『Advanced』をクリック。

 

『Content setting』を選択。

 

『Cookies』を選択。

 

『See all~(全てのクッキーとサイトのデータを見る)』をクリック。

Cookiesを削除

ここの検索からcookieを検索して削除します。

 

ウィンドウに『youtube』と入力。

YouTube関連のcookieが表示されるので、『REMOVE ALL SHOWN』から全削除します。

『CLEAR ALL』をクリック。

Youtubeにアクセスして400エラーが消えていれば作業完了です。

まとめ

今日紹介したYoutubeの『400エラー』。

あまり頻繁にでるものではないので、ついつい解決までに遠回りなことばかりしちゃうんです。

もしエラーがでたら「あれ?プラグインかな?」とか私みたいにアホなことを思ったりしないで、まずはCookieの削除を試しましょう。

コメント