【NGコンテンツ!】グーグル・アドセンスでの禁止事項とその注意点を解説!

Google AdSense

こんにちは、一皿です。

Google AdSenseの利用者にとって絶対にしてはいけない事があるのを皆さん知っていますか?

今日はアドセンスでやると規則違反となってしまうNG項目について紹介します。

もし、規約を違反をして知った場合、最悪、永久的にアドセンスの利用が停止され、今までの努力が水の泡となってしまうこともあり得ます。

そのようなことにならないためにも、どこまでがOKでどこからNGなのかをしっかりと知っておくべきです。

NGコンテンツ、NGワード

Googleはアドセンスにおいて、不適切なジャンルの取り扱いを規制しています。

規制に引っ掛かるとGoogleからの警告を受けることとなりますので、代表的な項目を紹介しますね。

その内容は、大まかなジャンルだけではなく、単語においても適用されてしまうだけではなく、『○○○』といった伏せ字や打ち消し文にも適用されるので、記事を投稿する際は細心の注意を払う必要があります。

下は、その不適切とされるジャンルの一覧です。

アダルト コンテンツ
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

 引用:AdSenseヘルプ

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー - Google AdSense ヘルプ
Google は、自由で開かれたインターネットを実現するために、サイト運営者様 / パブリッシャー様がご自身のコンテンツを収益化できるよう、また広

アダルトコンテンツ

私は、こういうのは苦手なので詳しくはないのですが、もちろんこれは規制されます。

でも、このジャンルの規制で一番困るところは『どこまでOKなのかがわかりづらい』点です。

基準としては、『家族や仕事場の友人の目線に触れると困るもの』らしいのですが、私としては『こんなん言われても困るわw』と思います。

なので、アドセンスを利用する場合の挿入画像は、極力安全なものにしておいた方が良さそうです。

薬物、タバコ、お酒のコンテンツ

ひとつ目に関しては、法律的にも良くないのでわかりやすいですが、残りの2つについてはどこまでが良いのか少し分かりづらいですね。

アドセンスのヘルプによると、関連商品の紹介だけではなく電子たばこノンアルコールビールNGとなっているので、そこは見落とさずに注意したいですね。

不正、武器、暴力的なコンテンツ

良くない事、相手に危害を与えるものの画像・動画・記事はNGです。

相手の精神や肉体的に被害を与える可能性があるものや、相手が不利益を受ける可能性があるものとなります。

私のNGが意外だったものとして『手裏剣』『催涙スプレー』などもあったので、商品紹介やリンクの作成時にうっかりしてしまうことのないようにしましょう。

ヘルスケアに関するコンテンツ

私が最初の頃に一番驚いたのがこのヘルスケアに関するコンテンツのNGです。

処方箋や薬局への誘導や販売については分かりやすいのでいいのです。

でも、アドセンスは『サプリメントの販売』NGなんです!

規約の内容を『薬じゃないやつならOK!』と覚えていたりするとあとになって困ることになるので、不安な時は『ヘルスケアは扱わない』と決めておいた方が良いかもしれません。

処方薬のオンライン販売。これには次のような例があります。
処方薬の販売(アフィリエイト プログラムを経由する場合を含む)
オンライン薬局
オンラインのドラッグストアや薬局へユーザーを誘導することが主な目的のページ
未承認の医薬品とサプリメントの販売。これには次のような例があります。
禁止されている医薬品とサプリメントのリストにあるすべての商品(エフェドラを含有する商品など。なお、このリストは禁止対象商品をすべて網羅しているわけではありません)
医薬品有効成分や危険な成分を含有するハーブ系サプリメントや栄養補助食品
未承認の医薬品やサプリメント、または規制薬物と混同される可能性がある名前の商品

 引用:AdSenseヘルプ

NGコンテンツへの対策

Googleアドセンスの『NGコンテンツ・NGワード』についての情報は、古いものから新しいものまでたくさんあり、そのNGについての規約もころころと変わるので、気を抜いていると『今まではOKだったのに知らないうちにNGなってる…』ということにもなります。

なので、私がNGにならないために気をつけていることを紹介します。

アドセンスヘルプを全文読む

あたりまえですが、アドセンスのNGコンテンツを一番正しく書いてあるのは『アドセンスヘルプ』です。

正直、全部読むのは大変だし、いまいち理解しずらい文があるのも事実ですが、アドセンスを利用する以上読まないわけにはいかないページなので、一度は読んでおきましょう。

アドセンスからのメールは毎日チェック

アドセンスはNGコンテンツを見つけると、そのサイトやブログに対して警告メールを送ってくれます。

しかし、警告メールを見逃して違反していることを知らずに放置を続けた場合、問答無用でアドセンスの停止をされます。

幸い?なことに警告メールからアドセンス停止までの猶予は『約3日間』とされているようなので、アドセンスからのメールは常にチェックを忘れず、もし警告メールが来たら記事を修正するか、3日間のタイムリミットに間に合わなければ削除をしましょう。

新しい記事の執筆毎にNGチェック&古い記事の見直し

ブログやサイトの運営をするとなると、どうしても大量の記事を書いて大量の文章を打ち込む必要が出てきます。

そんななかで、アドセンスの規約に沿い続けるというのは、精神的にどうしても負担が大きくなってしまいます。

しかし、もし、大量にある記事の中から同時に5個、10個とNGをされてしまったら、3日で全ての対処をするにはちょっと無理ですよね。

なので、日々の執筆にかける作業量は増えてしまうのですが、『記事を書くたびに地道にNGチェックをして、余裕があるときには古い記事にも目を通す』というのがベターな安全策じゃないかと思います。(なんか、あまり役にたてなかったかも…)

まとめ

正直、私は今『この記事書いてNGメール来たらどうしよう!』って思ってます!

私以外でももちろんこれについて書いている人はいますし、大丈夫なはずなんですけど…

めっちゃ不安だw

コメント