【副業にトライ!】クラウドワークスの登録方法

クラウドソーシング

こんにちは、一皿です。

これから在宅ワークを始めようとされている人には、クラウドソーシングサイトへの登録をおすすめします。

仕事の新しい形として期待されていることもあって、まずは副業として始めてみるひとも多いようです。

今回は、数あるクラウドソーシングサイトの中でも、豊富な案件数を誇るクラウドワークスの登録方法を紹介して行きます。

クラウドワークスのサイトへ

では、クラウドワークス の登録を始めていきましょう。

まずはクラウドワークスのページにアクセスして『無料で利用を開始する』をクリックします。

すると、メールアドレスの入力フォームが表示されるので、メールアドレスを入力して『会員登録をする』をクリックしましょう。

下記の通り『Facebook』『Yahoo』『Google』のIDでも簡単に登録が可能ですが、今後も仕事として取り組むのであれば、プライベートのIDを使うのではなく、新たに仕事用のメールアドレスを取得することをおすすめします。

【おすすめ】Gmailアカウント作成に必要なものは?【作成方法解説!】
アフィリエイトを始めるために必ず必要となるフリーメールアドレスの取得方法について紹介します。今回は使い勝手のいいGmailアドレスを作るために必要な、Googleアカウントの作成方法を解説します。また、複数のアドレスを使う場合の用途もご案内。

先ほど入力したメールアドレスに自動返信メールが送信されます。受信ボックスを確認してみましょう。

返信メールを確認

ここから本登録の作業をします。

クラウドワークスから自動返信されたメールを開き、メール記載のURLをクリックします。

必要事項を入力

これから仕事をするのに必要な個人情報を入力します。

カンタンな作業なので早ければ1分程度で終わります。

『ユーザー名』と『パスワード』を決める

『ユーザー名』と『パスワード』を入力します。

ユーザー名は公開されても良い名前にしておきましょう。

『受注』or『依頼』を選択

『仕事を受けて報酬をもらいたい』という人は『受注』を選択しましょう。

ここは間違えないように気をつけましょう。

職種を選択

あなたの現在の職種を選択します。

特に当てはまるものがなければ『カンタン在宅ワーカー』を選択するのが無難でしょう。

『個人』or『法人』を選択

ここは文字通り、どちらかを選択してください。でも受注の人はだいたい個人ですよね。

住所を入力

『個人』を選ぶと、そのまま住所入力フォームが表示されるので、そちらも入力しましょう。

都道府県の公開については、公開することで『地域限定』の様な仕事がある場合に受注しやすくなるそうですが、無理して公開する必要はありません。

最後にチェック

入力に間違いがなければ利用規約とreCAPTCHAにチェックを入れて『入力内容を確認する』をクリック。

登録完了!

はい、登録できました!

これでクラウドワークスのページで仕事を探すことができます。

まとめ

この通り、登録自体はとても簡単です。

ですが、仕事を受ける上で必要な『振込口座』『自己PR』などはまだ設定されていない状態ですので、実際にサイトにログインしたら設定して行きましょう。

まずはこのクラウドワークスで少額でも稼いでみることで、ネットで稼ぐための自信がついてきますよ!

コメント