【繰り返しが大切!】英語を話したいなら授業じゃなくて自分で学べ!

英語

こんにちは、英語が「話せない」一皿です。

あなたは「英語」話せますか?

たぶん「訳せる」と答えられる人はいても、「話せる」と言える人は少なめだと思います。

なんで日本語に訳せるのに話せないのかと言うと、答えはカンタン『話さないから』ですw

今回はそんな英語を話せない原因と解決策についてです。

失敗の恐怖を無くす

英語を学校の授業で学ぶなら、テストをやって点数で評価するのは辞めるべきだと思うのです。

外国人が日本語を間違えたって私たちは怒りませんし、私たちが英語を間違えても外国の人は怒ったりしません。それなのに、授業で英語を学ぶときは間違いは悪であるかのような扱いを受け、点数で評価されて点数が悪いと怒られる。本当に、世界で通用するために英語を学ばせる気があるのかをちょっと疑問に思ってしまいます。

頭と目では会話は上達しない

日本の人が、中学から大学まで英語を勉強しても英語を話せないのは単純に”英語を話さないから”です。当たり前ですよね?長距離が走れるようになりたいのに、短距離の練習しかしなかったら長距離はいつまでも走れないままなのと同じです。

日本の学校というステージでは生徒を評価しなくてはならない以上、教科書とテストの勉強方法が多くなるのは仕方がありません。

それに、頭と目を使った勉強では、読む力や翻訳、スペルの技術が上達します。

しかし、英語を実際に話せるようになるためには頭と目ではだめなのです。

上達するなら耳と口を使って会話をすること

そして、人間は本当に繰り返し口と耳も使って学ばないとすぐ忘れてしまう生き物ですから、
1度や2度の教科書の復習をするだけで、実際に英語を話す授業をせずにいると、話すことどころか、記憶にすらほとんど定着しないままひたすら新しい範囲を学ぶことになります。

これは授業の進むスピードは早くても、実力はまったく身に付かないですよね?

本当に話したいのなら、単純な言葉でもまずは、話すこと、そして、日本語の訳や説明を
覚えるのではなく、ネイティブの普段の会話やスピーチのリスニングをたくさんすることです。

日常的に英語に触れる

これは子供の頃は日常会話ができたけど勉強し始めて話さなくなったら英語がしゃべれなくなった私が言うのだから確かなはずです。

文法用語なんて使わずに(というか知らずに)英語を話してた私にとって学校の授業は英語の授業というより呪文パズルと解読の授業でした。

英語はスポーツ

ここまでくればすでにあなたも分かっていると思います。

そう、つまり『英語はスポーツ』なのです。

他のスポーツと同じように、頭や目で仕組みを理解し、それができたら自分の体が覚えるまで何度も練習をして、能力が落ちないように毎日何時間も練習をしなければならないものなのです。

英語と日本語を対応させない事

日本語は英語ではないので日本語にない言葉や英語にない言葉がたくさんあります。
This is a pen. を日本語で訳せないのに一番始め(間違ってたらすみません)のページで学んで、英語に限らず言語というのは見るだけ聞くだけのためにある訳ではありません。

見る聞く書く話す全てがそろって言語なのです。勉強したいのではなく使えるようになりたいのなら、全てを行うように心がけてみましょう。

英語の翻訳なんかしても会話で使い道がない。

まとめ

もう一度言いますが、英語はスポーツです。

どんなに頑張って、ある時期だけ英語ができるようになっても、そこで満足して努力を辞めてはいけません。人間の脳というのは、使わないものは自動的に頭から消去するように出来ています。

人生を通して英語を話せるために、日々の努力(というか英語とふれあうことかな?)を忘れないようにしましょう。

コメント