CocoonならプラグインなしでClassic Editorに戻せます

WordPress

WordPress5.0で大きく変わったことといえば『Gutenberg(グーテンベルク)』エディタですよね。

使い勝手がかなり変わったので、プラグインを使って旧エディタにしている人もいるでは?

しかし、WordPressテーマ『Cocoon』を使っている方でしたら、プラグインを使う必要もなく新旧エディタの切り替えができるのです。

旧エディタへの切り替えは簡単

1分程度で切り替えができるので好きな時にエディタを切り替えて使えます。

エディタ設定の切り替え方法
  • STEP1
    設定画面に移動

    『ダッシュボード』から『Cocoon設定』を開く

  • STEP2
    設定

    『エディタータブ』で『Gutengergエティターを有効にする』にチェック

  • STEP3
    保存

    『変更をまとめて保存』を選択

まとめ

実は私、今この記事をGutenbergのブロックエディタで書いているんですけど、慣れないうちはどうしても記事作成に時間がかかってしまいますね。

(いやでもどう考えてもエディタの情報が小出しになっててくっそ見づらいんですけど)

旧エディタのサポートが過ぎたら、今後はこちらが主流になっていくので、作業効率は気にせず気分転換にエディタを切り替えるのもいいかもですね。

コメント