WordPressのテーマに「Simplicity」をオススメする5つの理由

WordPress

WordPressを使い始めて最初に悩むのが『テーマ決め』ですよね。そこで私がオススメするテーマが『Simplicity(Simplicity2)』です。

Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

Simplicityとは、有料無料含め数あるテーマの中でも非常にユーザビリティの高いテーマで、製作者のわいひら(yhira)様により無料で利用が可能なテーマです。私も実際にSimplicity2を使わせていただいているのですが、正直無料で使わせていただくのが申し訳ないくらいです。

今回は、私も今使っている『Simplicity(Simplicity2)』のオススメの理由5つを紹介したいと思います。

シンプル

名前の通り、テーマをインストールした初期の状態では物足りないと思うほどにシンプルなデザインとなっています。

しかし、このテーマの凄いところは、外見を控えめにしながらも機能性を向上させることを両立させている点だと私は思います。

内部SEO対策済み

Simplicityは下記のような内部SEO対策というのが行ってあります。

  • 、デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0
  • タイトルや見出しなど適切なHTML構造に
  • 分割ページにrel=”next”/”prev”タグの追加して順番を伝える
  • リッチスニペットを用いたパンくずリストによりサイト構造を適切に伝える
  • TIMEタグを用いて記事の更新時間を検索エンジンに正確に伝える
  • メタディスクリプション記入欄(抜粋)の設置
  • テーマに使っている画像などはできる限り圧縮して転送サイズを減らす
  • hentryのマークアップに対応
  • ウェブマスターツールの構造化エラー0
  • Googleのモバイルフレンドリーテストに合格
  • PageSpeed Insightsのモバイルユーザエクスペリエンスが100点
  • AMPに対応

引用:Simplicity

こういったSEOへの最適化というのは、ブログに慣れていてもかなり大変なことなので、この問題が解決されるということはブログをこれから始める人にとってはありがたいです。特に、AMPの対応は重要な項目です。

レスポンシブデザイン

パソコンやスマホ、タブレットの画面に合わせたレイアウトで表示が出来ます。

スマホのPVの割合はかなり高いのでスマホ表示が出来るということは大きなプラス要素です。

当初は、完全レスポンシブではなく4つのデザインから状況に合わせてデザインを選択するものになっていましたが、現在では完全にレスポンシブ対応となっています。初期設定では対応がoffになっているので、『外見』→『カスタマイズ』→『レイアウト(全体・リスト)から設定変更ができます。

充実した機能

ブログカード

お風呂で本を読むようになって得したこと3つ
本を買ってもなかなか読まずに本棚がいっぱいになっている方へ。私が未読の本を減らすために、お風呂で本を読む習慣をつけたことで得したことを簡潔にまとめました。お風呂だから読書が進む理由やお風呂で読むからこそ内容が身に付く訳、また結果的に得をしたことを紹介いたします。

Simplicity以外のテーマで上の様なブログカードを作りたいときは、新たにプラグインを導入する必要がありますが、Simplicityであればデフォルトでブログカード作成機能を使うことができます。

SNSフォローボタン

ブログは、SNSボタンがあることでブログ記事やそのブログ自体を拡散させやすくなるのですが、Simplicityではプラグインなしでこのボタンが使える上、カウント機能も付いています。

スキンテンプレートが豊富

シンプルが特徴のSimplicityだって手間をかけずにデザインを変えたい人のために初めからスキンが用意されています。しかも15個以上あります。

カスタマイズのベースとして使える

プラグインの入れ過ぎを防ぐ

WordPressの機能拡張が出来て便利なプラグイン、便利だからとたくさんインストールし過ぎるとWordPressが遅くなってしまいます。Simplicityは高機能かつシンプルなおかげで最小限のプラグインの導入で済むことができるので、WordPressが遅くなりにくいです。

子テーマが用意されている

WordPressのカスタムにおいてプラグインは非常に便利なものです。

しかし、WordPressのデザインを手作業で変更したい時などはテーマのCSSなどのソースコードをいじることになります。ソースコードをいじった際に書き間違えなどがあると、最悪2度と元に戻せなくなってしまうので、それを防ぐために親テーマとその予備としての子テーマを作成しておき、普段の変更作業は子テーマのみを変更するようにします。

Simplicityは子テーマが用意されているので、CSS書き換えが失敗しても復旧不能になる可能性が低いです。

まとめ

ホントはもっとたくさん言いたいことがあるのですが、書き出すとキリがないので5つまでにまとめました。

無料テーマなせいか私も使っていて忘れがちですが、ほんとこれだけの機能を無料で使わせて頂けてることがやっぱおすすめな点ですよね。機能解説とかもこんなへなへなの私が見てもすごくわかりやすくて感謝しかないです。

初めてテーマを選ぶ人にもテーマ変更を考えている人にも『Simplicity』はおすすめなテーマです。

Simplicity2のダウンロード
無料WordpressテーマSimplicity2のダウンロードはこちらです。インストール方法はこちら。テーマのアップデート方法は、以下を参照してください。Simplicity2のダウンロードWordPress4.1以上、PHP5.4以上で

コメント