アフィリエイトブログは一番好きなジャンルですべき理由4選

アフィリエイト

今日は、『アフィリエイトブログを始めるなら好きなジャンルにすべき』という話です。

『そもそもブログなんて書きたいから書くんだし、別に好きなジャンルでいいよ』

とかそんな適当な理由ではなく、しっかりとしたアフィリエイトに有効な根拠があるので、解説して行きますね。

100記事以上書ける

アフィリエイトにはライティング能力が必要です。

そしてライティング能力を鍛えるには、ブログを100記事程度は書けなければなりません。

そのためにも、ネタが出やすく書きやすいジャンルを選ぶ必要があるのです。

 

それとちなみに、

あなたがすでに、これからブログを始めようとして色々な情報を探していたりしているのなら

”ブログは最低100記事かけ”

という言葉はよく目にしていると思います。

ですが、これはもちろん『100記事書いたら稼げる』という意味で書かれているわけではないです。

100記事書けば、多少は検索上位に食い込めるかもしれませんが、100記事で重要なのは、

『ライティング能力を上げること』
『100記事以上書ける体力を付けること』

です。

なので、あくまで100記事というのは『小目標』に留めておき、100記事で燃え尽きてしまわないようにしましょう。

ユーザーが困りそうなことが分かる

好きなことだと普段から目に触れていることも多いので、あなたが不満に思ったことや、他の人が困りそうな細かなポイントに気が付きやすくなります。

そういった、ユーザーの気持ちが把握できるジャンルを選べば、記事の構成やブログの運営もしやすくなり、それがユーザーフレンドリーにも近づきます。

困っている人に対して答えを示すことができる

これはジャンル特化ブログのみで、雑記ブログには当てはまらないかもなのですが、大体の場合、特化ブログに訪れる人と言うのは『問題の解決策を探している』人です。

訪れたユーザーの問題解決に役立つことができれば、雑記ブログより集客力が上がり、ユーザーの満足度アップへとつながるはずです。

あなたは記事のネタができ、そして困ってブログを訪れた人は問題解決ができるのでwin-winになれます。

クリエイティブな記事が書ける

あなたも好きなことであれば、『ここをこうすればもっと良くなる』というような、クリエイティブなアイディアがでたりすると思います。

そういったことをしっかり記事にまとめることで、そのジャンルの発展にもつながる可能性があります。

そして、興味があるジャンルのためであれば、やる気もでやすくなります。

まとめ

やっぱ稼げるからって無理やり興味ないこと書いてもつまんないしね! そんなん仕事してるのと変わんないじゃん!

できるなら好きなことして稼ごうよ!

そのほうが『楽しい』から。

コメント